VR、ゲーム制作、プログラミング。Unity とか Oculus Rift とか。

2013年12月21日土曜日

[Unity]DotFabで出力したモデルを取り込む

ドット絵を 3D にできる DotFab を Unity で使ってみたときのメモです。

最新の v0.6.1 は 3D モデル出力機能がないので、v0.4.1 を使います。

(注 : 3D の知識はほとんどないので、以下おかしなことを言っているかもしれません)

DotFab の使い方は readme を見ればわかるので割愛しますが、SAVE_3D_OBJECT で出力した .obj (と .mtl) を Unity にドラッグ & ドロップしてインポートすると、下記の画像のようになってしまいました。


どうも大半のポリゴンのマテリアルが正しく設定されていないようです。

試しに Blender でインポートしてみると正しく表示できたので、Unity で .obj のインポートに何かあるのかもしれないと思い、形式を変換してみることにしました。

最終的には .dae 形式でエクスポートすると Unity で期待通りインポートできました。


気になるのは、Blender 上での頂点数は 586 だったのが、Unity 上では 44,000 になっていることです。これはさすがに多すぎるんじゃないかなと。
(このモデルで元々 586 頂点というのも、各ポリンゴンのマテリアル設定で色をつけるのではなくテクスチャを貼ればもっと減らせそうですね)


Cube の頂点数が 8 でなく 24 になるので、Verts の表示は純粋な頂点数でない(もしくは標準の Cube は面ごとに 4 頂点 * 6 面?)のかもしれませんが、それにしても 75 倍は多いような…。


原因はまだわかりませんが、とりあえず表示は一応できたということでメモ。

0 件のコメント:

コメントを投稿