投稿

5月, 2016の投稿を表示しています

[OculusRift]VRで写真撮ってメールで送るやつ(仮)

イメージ
VR 空間内で見ている景色を、Leap Motion を使って手をファインダーっぽくすることによって撮影し、そのままメールで送るやつを作っていたので今更ながらまとめました。

(2015 年の夏に作って出展したきり放置しており…)


撮影している様子はこちらです。


撮影すると、登録しておいたメールアドレスに写真が届きます。


みなさんが撮ってくれた写真がこちらです!
.@udasan_koubou さんのVRで写真撮ってメールで送ってもらった!親指と人さし指で作った構図通りに写真撮って、本当に自分のメールに送ってくれる!
レアなユニティちゃんとUnity仮面2ショット! pic.twitter.com/ScXBH26FYB — Somelu (@Somelu01) 2015年8月24日
VRで写真を撮ってメールで送るやつ(仮)を体験!夕日とUnity仮面とUnityちゃんを写真に収めました!! #OcuFespic.twitter.com/JYLP6P2dYD — 懐中時計 (@kaityuudokei100) 2015年8月24日
ウダサンさんのVRで写真をメールで送るやつ(仮)の撮影結果。裏でユニティ仮面が走っているんですが、上手くフレームに納められなかったw pic.twitter.com/Gvur0O6jdK — ザバ(ザバイオーネ) (@z_zabaglione) 2015年8月24日
VR で旅行して思い出が残せたりすると楽しそうですね。(これを作っていた 2015/8 はともかく、これを書いている 2016/5 現在、多分そういうアプリもありそうです)

課題はやはり、両手で構えてからタイマーで撮影する方式になっているため、瞬間で撮ることができない点です。音声認識で「ハイ、チーズ」といった方法は考えられますが、Oculus Touch などのボタンで撮影した方が手堅いですね。

手でやるなら、動画にしたり連射してあとから選べるようにすると、タイマーの欠点を補えるかもしれません。

なお、メールは一旦ローカルの HTTP サーバー (BlackJumboDog) に送信し、そこから Gmail を経由して送信元アドレスが Gmail になるようにしています。(一般向け展示のための、簡易なドメイン指定系のフィルタリング対策。直接 Gmail にログインしないのは単…