投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

オキュラスARクッキング「女の子にケーキを作ってもらう方法」

イメージ
この記事は Oculus Rift Advent Calendar 2015 の 20 日目です。

9 日目は shikemokumk 氏の VR時代のノベルゲーム開発 でした。

はじめに 未遂です。ごく近日中に続きを書きます…。

完遂しました!(2015/12/24)

クリスマスも近いことですし、女の子にケーキを作ってもらおうと思います。



材料

イチゴや生クリームは高いので、安い材料と最先端の技術でコストを抑えてもらいます。
そもそも女の子がいない問題も解決できる完璧なレシピです。

小麦粉 … たくさん砂糖  … そこそこ卵 … 1 つ牛乳 … 少しバター … いい感じにベーキングパウダー … 適量Oculus Rift DK2 … 1 台Ovrvision Pro … 1 台Unity … 5.2.2p2Oculus Runtime … 0.8.0.0Oculus Utilities … 0.1.3.0アセット … 少々
作り方
材料を混ぜ合わせて生地を作ります。



クッキングシートで型紙を作ります。
は?マーカーレストラッキング?この懐かしい味わいの良さがわからんのかね??



フライパンに型紙を敷き、生地を流し込んで焼きます。



焼き上がりました!いやダメだこれ…

「明日もう一度この記事に来てください。本当のクリスマスケーキをお見せしますよ」 なにとぞ…。

明日は junyash 氏です。

作り方(続き) ここから追記です。(2015/12/24)



2 枚目を焼きました。熱や油がフライパンになじんでキレイになりましたが、まだまだですね。



人生、困ったらチョコレートソースを塗れば大体何とかなります。


ここで、あらかじめ用意しておいた OculusRift + Ovrvision Pro の AR コンテンツを取り出します。
イチゴ、生クリーム、女の子はこちらに入っています。

Ovrvision Pro は VR HMD 向けのステレオカメラで、カメラを自分の目にできるデバイスです。

凹み氏の VR 向け高性能ステレオカメラの Ovrvision Pro を手に入れたので詳しく調べてみた - 凹みTips に詳しく書かれていますので、僕が書くことは何もありません!

あ、Ovrvision Pro の動作が不安定なときは電源付きの USB 3.0 ハブに挿すといいかもしれない…

[Unity]いつものコードを10秒速く書く、VisualStudioのコードスニペット(配布あり)

イメージ
この記事は Unity 2 Advent Calendar 2015 の 8 日目です。

7 日目は @kuriharaan 氏の AndroidでビルドはもういいRunしたいってとき でした。

はじめに \デーン/

public void Update () { Animator animator = GetComponent<Animator>(); // Update 毎に GetComponent if (animator.GetFloat("speed") > 5.0f) { // string 版 GetFloat animator.SetBool("isRunning", true); // string 版 SetBool } }
…はい、心がざわつきますよね!実行コストの点でも、書くのが面倒という点でも、理由がなければこんなコードは書きたくないですね。

よく見かけるのは Start でキャッシュするやつでしょうか。

Animator animator; public void Start () { animator = GetComponent<Animator>(); }
私は初回アクセスでキャッシュするのが好みですが、

Animator _animator; public Animator animator { get { return _animator ? _animator : (_animator = GetComponent<Animator>()); } }
いずれにしても、(Animator に限らず) この手のプロパティはよく書くことになるので、楽に書けるようにしたいと思います。

目次Visual Studio のコードスニペット紹介 (知っている方は読み飛ばしてください)私が使っているコードスニペットの紹介と配布 (特にプロパティ系)
Visual Studio のこと Unity 5.2 あたりから Visual Studio Tools for Unity がインストーラーに含まれるようになり、手動で何もしなくても Visual Studio 連携ができるようになりました。
確認して…