VR、ゲーム制作、プログラミング。Unity とか Oculus Rift とか。

2014年8月11日月曜日

[OculusRIft]DK2でUnityが落ちる問題の対処法

OculusRift DK2 の SDK 0.4.0 と Unity で開発時に、"too many threads" というダイアログが出て Unity が落ちてしまう問題の対処法です。


結論としては DK2 を Extend モードにしてメインディスプレイにすることになります。

ウィンドウが DK2 側に行ってしまい不便ですが、この情報で少し幸せになれました。

Game ビューを DK2 で見る場合は、Game ビューを分離して DK2 側に持って行ってがんばって右上の最大化ボタンを押します。fps があまり出ないのと、ウィンドウ枠の分多少表示がずれているかもしれませんが一応見られます。



以下補足です。

私の環境
  • GALLERIA QF870HE, Windows 8.1, 64bit
    • NVIDIA GeForce GTX 870M + Intel HD Graphics 4600
      • Optimus はグローバル設定で「高パフォーマンス NVIDIA プロセッサ」
      • ビデオカードのドライバは最新(NVIDIA : 340.52, Intal : 15.33.22.64.3621)
  • Unity 4.5.2f1
  • Direct HMD Access from Apps モードは全く映らない

現象
  • Unity エディタで Oculus の SDK を使うシーンを開いて Play する、または開くだけでも、数秒で "too many threads" というダイアログが出て、OK を押すと Unity が終了する

試したこと
  • Direct モード : NG (映らないし落ちる)
  • DX11 : 落ちないが Game ビューにも映らない
  • Unity の Quality Settings で VSync をオフ : NG
  • OculusConfigUtil 終了 : NG
  • OVRService_x64 終了 : NG (Play するとサービスが復活する?)
  • DK2 を接続しない : 落ちない

その他

  • Unity 起動中に Direct と Extend を切り替えるのは Unity が固まったりするのでおすすめしません

参考


まとめ

  • やっと DK2 のコンテンツ開発に進めるぞ…!

0 件のコメント:

コメントを投稿