VR、ゲーム制作、プログラミング。Unity とか Oculus Rift とか。

2014年5月13日火曜日

[Unity]iTweenでパスの編集を便利にする

Unity で手軽にパス移動できるアセットとして、iTween とそのパスをエディタ上で編集できる iTweenPath は広く知られています。

が、iTweenPath は中間点の挿入/削除パス全体の平行移動/回転/拡大縮小が実質ほぼ不可能で調整がかなり厳しいので、できるやつを書きました。

WayPoint for iTween (GitHub)


使い方はざっくりと、
  1. iTween を入れる。iTweenPath は不要
  2. WayPointPath.cs をつけたオブジェクトを親にする。pathName を適当に決める
  3. WayPoint.cs をつけたオブジェクトを子にする。親の head をこのオブジェクトにする
  4. WayPoint.cs をつけたオブジェクトを複製する。さきほどのオブジェクトの next をこのオブジェクトにする
  5. パス移動は WayPointAgentSample.cs を参考に
です。

エディタ拡張まで作りこんでいないので最初の手動連結はちょっと面倒ですが、あとで楽になると思います。

…iTween も結構クセが強くて、使い込むと色々ハマるので、そのあたりも気が向いたら書こうかなあと。

0 件のコメント:

コメントを投稿